〖沖縄剛柔流 拳志會〗  

  <<外間哲弘先生のご紹介>>

  1944年生まれ
沖縄空手道剛柔流範士十段
比国全沖縄古武道連盟範士十段
剛柔流拳志会総本部会長宗家
沖縄県空手博物館館長
日本空手道拳友会連盟技術顧問
全日本清心会空手道連盟技術顧問
沖縄県文化財調査嘱託委員
沖縄空手古武道世界大会実行委員
元西原町文化協会武術部会長
琉球古武術外間古武道宗家
比国全沖縄古武道連盟最高顧問



 
 
1961年、空手道古武道を比嘉世幸先生、又吉真豊先生等に師事

1971年、県高体連空手加盟実現、発起人の一人

1978年、剛柔流開祖宮城長順先生25周年追悼模範演武(明治神宮にて)

1979~現在、全沖縄空手道選手権大会審判

1981年、国際親善空手道選手権大会模範演武

1983~現在、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、カナダ、香港、フィリピン
   南アフリカ、   フィンランド、メキシコ、台湾、バチカン、スイス、スウェーデン
   ドイツにて空手古武道指導。’

1984年、中国・沖縄交流武術大会沖縄代表。

1987年、沖縄県空手博物館設立。

1989年、沖縄空手道剛柔会理事長就任

1992年、沖縄空手協会より感謝状受く

1993年、米国国会より空手道指導功績表彰。
    フィンランド国陸軍より空手の感謝状受く。
    第42回九州体育学会で特別講演(琉球大学にて)

1994~1996年、近畿大学豊岡短期大学非常勤講師(空手・古武道)

1996年、琉球国技・空手術発祥之碑設立

1997年、第1回カナダ国北方空手道連盟より模範演武

1998年、沖縄県文化協会会長賞授賞

1999年、無形文化財指定候補。
    西原町文化協会より空手功労賞受賞

 

<<館長の外間哲弘先生が会長を務められる沖縄剛柔流拳志会空手道古武道本部道場です>>

 

<当道場は、 〖沖縄剛柔流 拳志会〗   東海本部 刈谷支部 然心會として活動しています>